明桜はあと一押しが足りなかった。三回に5安打を集めて4点を先取しながら、五回以降はわずか2安打。弘前学院聖愛2番手鎌田の前に打線が沈黙し、加藤主将は「切れのある変化球を打てず、序盤の流れを失ってしまった」と悔しがった。
 十回は無死から敵失で出た走者が盗塁で二進。絶好の勝ち越し機を得たものの、主軸は沈黙したまま。輿石監督は「狙った一球を仕留める勝負強さと、つなぐ力が必要。夏までの課題にしたい」と話した。