秋季東北地区高校野球宮城県大会は17日、石巻市民、仙台市民の両球場で2回戦があり、東北学院榴ケ岡と古川工が準々決勝に進んだ。

 東北学院榴ケ岡は7-2で角田に快勝した。一回1死二塁、若生の中越え二塁打で先制し、三回には小笠原の右前適時打などで2点を追加。六回にも吉田透の適時二塁打と敵失で2点を奪い、突き放した。角田は5安打と打線が湿った。

 古川工は6-4で柴田に競り勝った。0-3の五回、小関の適時打や板垣の2点三塁打などで逆転。七、八回にも1点を加え、リードを広げた。柴田は九回1死一、三塁から渡部の中前打で1点を返したが、後続を断たれた。

 ▽2回戦
柴 田000300001-4
古川工00004011×-6

東北学院榴ケ岡102002101-7
角     田001001000-2