【評】仙北がサヨナラ勝ち。延長八回1死一塁、竹村凌の内野ゴロが二つの敵失を誘い、1走の土井が一気に生還した。五所川原一は四回に2点を返し追い付いたが、七回無死三塁の勝ち越し機をものにできなかったのが痛かった。

 ▽準決勝(八橋球場)
五所川原一(青森)

   0002000 0-2
   0020000 1x-3
仙北(秋田)

   (延長八回)