スポーツクライミングで壁を登る速さを競うスピードのジャパンカップは22日、東京都昭島市のモリパークアウトドアヴィレッジで行われ、決勝で女子は伊藤ふたば(TEAM au、岩手・盛岡中央高)が倉菜々子(ウィルスタッフ)に勝って初優勝し、ボルダリング・ジャパンカップとの2冠を達成した。男子は土肥圭太(鹿児島県連盟)が東京五輪代表の楢崎智亜(TEAM au)に先着し、初の日本一を手にした。
 予選タイムの上位16人による1対1のトーナメント形式で争われ、女子で昨年の第1回大会を制した野中生萌(XFLAG)は3位決定戦で五輪代表の野口啓代(TEAM au)を退けた。男子で2連覇を狙った池田雄大(順大)はトーナメント初戦で敗退した。竹田創(仙台城南高)が3位に入った。