宮城県サッカー協会は19日、新型コロナウイルスの影響で中止となった県中総体に代わる交流戦「中学校サッカーフェスティバル」を7月23~25日に開催すると発表した。
 会場は松島町の松島フットボールセンターで、3チームによるリーグ戦を20分ハーフで行う。出場選手は原則3年生優先で、20~30チームの参加を見込む。無観客開催だが、引率者や事前登録した送迎の保護者は観戦できる。
 協会の大久保芳雄会長(74)は「練習の成果を発揮できる機会をつくりたかった。さらに上のレベルを目指す気持ちをもってもらえるような大会にしたい」と話した。