昨季途中までFC東京に所属した仙台の阿部が奮闘した。実質2トップの一角として攻守に走り回り、後半12分には右サイドでドリブル突破を仕掛けて石原の決勝ゴールの起点となった。「今はベガルタの選手なので勝てて良かった」と喜びながらも、2戦連続無得点に「次は点を取りたい」と向上心を忘れない。
 試合の前後には相手サポーターからも拍手と大きなコールを受けた。股関節痛などに苦しみながらも戦い続けるその闘争心は、チームの枠を超えて支持されている様子。「(味の素スタジアムに)アウェーで来るのは変な感じだが、一番やりやすいピッチ」と頬を緩めた。