仙台の永戸が石原の決勝ゴールをアシストし「押し込まれるシーンが多かったが、GKを中心に守れた。こういうゲームをものにできたのは大きい」と喜んだ。
 阿部の右クロスは相手選手に当たって軌道が変わったものの、永戸がペナルティーエリア左からうまく折り返した。「後ろにいた石原選手が見えていた」と、落ち着いたプレーだった。
 今季は耐える時間が長くても、自分たちのやりたいサッカーができていることに手応えがあるという。「試合が続く中で1-0(の勝利)に満足せず、もっと早く点を取ることを意識したい」と貪欲だった。