リーグ戦で8試合ぶりに先発の千葉が最終ラインで奮闘。前半の2点リードこそ守り切れなかったが、日本代表の横山らを擁する長野の攻勢に体を張って耐え、勝ち越しを許さなかった。負傷離脱した北原、市瀬の穴を埋め、「自分のプレーを出せたかなと思う」と納得の笑みを見せた。
 攻撃でも貢献した。1-0の前半10分には奈良の左CKを頭で合わせて今季初ゴールを奪った。「フリーですごく良いボールが来たので当てるだけだった。決めた瞬間は頭が真っ白」。攻守に存在感を発揮できた喜びに浸った。