椎橋が攻守でプレーの質を上げている。山形との天皇杯準決勝では、ボランチとして球際の激しさと状況を見極める冷静さを見せ、初の決勝へ弾みをつけた。
 山形戦で目を見張ったのは、まずは守備だ。DFラインに下がって攻撃を組み立てようとした山形のボランチに対し、最前線まで飛び出しプレスをかける。数的同数にして起点をつくらせなかった。
 落ち着いた判断があった。相手ボランチの様子を観察し、「ただ下がっている感じで、僕のところを見ていない」。緩慢な動きは見逃さない。「一度強く体を当ててみたら、審判からは注意されただけだった。強くいけると思った」と激しく体を寄せた。
 リーグ戦終盤ではボランチが下がってビルドアップする相手に対し、プレスが機能せず苦戦する試合があった。テンポの良いパス回しでマークを外されたり、ロングキックで逃れられたりしたからだ。J2相手とはいえ課題を修正。「うまくはまって良かった」と自信を得た様子だ。
 攻撃の貢献もあった。山形と同様に引いたポジションを取り、空いた味方にパスを供給した。FW石原は「椎橋のポジションが良かった。相手が食い付くと(DFの)板倉がフリーになり、考えていた通りの攻撃ができた」とたたえる。
 決勝の会場は浦和のホーム。「強い気持ちで臨む」と気合を入れる。準決勝で効果を発揮したプレーに、大舞台でさらに磨きをかける。(佐藤夏樹)