J1仙台は28日、来季J1の松本から26歳のMF石原崇兆(たかよし)=172センチ、67キロ=が完全移籍で、横浜Mから20歳のMF吉尾海夏(かいな)=168センチ、63キロ=が期限付き移籍で加入すると発表した。
 石原崇は静岡県出身。清水ユースから2011年にJ2岡山に加入し、15年に当時J1の松本へ移籍。切れのあるドリブルを武器に、主にサイドハーフやシャドーストライカーとして活躍した。通算成績はJ1で16試合出場無得点、J2で243試合出場20得点など。
 吉尾は兵庫県出身。横浜Mユースから17年にトップチームに昇格し、2季でリーグ戦6試合、YBCルヴァン・カップ11試合、天皇杯全日本選手権1試合に出場した。足元の高い技術と左足で出す精度の高いパスを持ち味とする。
 石原崇は「チームの目標達成の力になれるよう全力で戦う」、吉尾は「ユアスタ仙台のピッチでプレーする姿を一日でも早くお見せできるよう、日々のトレーニングから全力で頑張る」とのコメントをクラブを通じて出した。