今季から長崎を率いる手倉森監督(青森県五戸町出身)が古巣と初対戦。仙台の監督時代にコーチだった渡辺監督や指導した選手らと相まみえた。「不思議な気持ちがあった。当時と選手の顔ぶれが変わった中で、点を決めたのが(教え子の)梁勇基だったのが感慨深い」と懐かしがる。
 試合には負けたが、J1相手にボールを保持して攻め立てるなど攻撃的な持ち味は出した。「攻守の狙いなどを意識してやれた」と評価。日本代表コーチなどを歴任した知将ぶりを新天地でも発揮している。
 試合前に握手を交わした渡辺監督は「相手ベンチから誠さん(手倉森監督)の声が聞こえて懐かしかった。対戦できて良かった」と喜んだ。