J1仙台は宮崎県延岡市でのキャンプ第10日の8日、西階陸上競技場で午前のみ約1時間半練習し、紅白戦を実施したほか、セットプレーを確かめた。
 紅白戦はピッチを少し狭めて2回行い、3-4-3の布陣で連係を確認しながらゴールを狙った。2回目ではFWハモンロペスが3トップの中央に入り、切れのある動きを見せて好調ぶりをうかがわせた。祖父の葬儀でチームを離れていたMF道渕も合流した。
 9日は3次キャンプ地の宮崎市に移る。渡辺監督は「延岡には毎年恵まれた環境を提供してもらい感謝する。(23日の)開幕戦に向けて準備を進めていきたい」と話した。