日本サッカー協会は14日、国際親善試合のコロンビア戦(22日・日産スタジアム)とボリビア戦(26日・ノエビアスタジアム神戸)に臨む日本代表23人を発表し、ワールドカップ(W杯)ロシア大会以来となる香川(ベシクタシュ、FCみやぎ出身)や、中島(アルドハイル)が復帰したほか、鈴木(札幌)鎌田(シントトロイデン)ら4人が初招集された。

 仙台からはシュミット・ダニエルが選ばれた。東北関係では室屋(FC東京、青森山田高-明大出)柴崎(ヘタフェ、青森山田高出)も選出された。

 1~2月のアジア・カップを戦った顔触れから13人が入れ替わり、故障の大迫(ブレーメン)ら一部主力が外れ、昌子(トゥールーズ)山口(神戸)らが選出された。森保監督は記者会見で「より強くするため、新たなメンバーを入れベースアップを図る」と語った。

 南米勢のコロンビア、ボリビアとの2戦は、招待参加する南米選手権(6月開幕・ブラジル)へ向けた強化の場となる。

<勝利に貢献したい/シュミット・ダニエルの話>
 日本代表に選出され、光栄に思う。チームの勝利に貢献し、成長してクラブに戻ってきたい。