仙台のジャーメインが前半終了間際の逸機を悔やんだ。ハモンロペスが相手のパスをカットし、こぼれ球をすかさずシュートしたが、前に出ていた相手GKの好守に阻まれた。「守備が来ていると思ってダイレクトで打ったけど、後で仲間から『来ていなかった』と聞いた。トラップもできた」と苦々しく振り返る。
 今季初勝利した前節の鳥栖戦と同じハモンロペスと2トップで先発。2人で前線から積極的にボールを追ったのが決定機につながったが、肝心のゴールは遠かった。「守備でパワーを使い過ぎて攻撃の質が落ちたが、FWとしてしっかり決めるべきだった」と自分を責めた。