ホームのユアスタ仙台で、仙台の奮闘を声で支えるのがスタジアムDJ。20年間務めた大坂ともおさん(48)が退任し、東京を拠点に活動するMiC(ミック)さん(37)が後を継いだ。「自分とサポーターの思いが共鳴する雰囲気を出したい」と決意を語る。
 6日の鳥栖戦は3-0でリーグ戦初勝利。「ゴール!」の高らかな声を3度響かせた。「これがスタジアムDJの醍醐味(だいごみ)。気持ち良かったし、ホッとしている」と笑顔で振り返る。
 茨城でラジオ番組を持つなど多岐に活動するが、サッカーのスタジアムDJは初めて。過去に縁あってユアスタ仙台で観戦し、サポーターの応援の迫力に圧倒されたという。「温かみもある声援は日本一。DJをやるならここでやりたい」との思いをかなえた。
 夢はリーグ優勝など歓喜の場に立ち会うこと。「情熱を込めたアナウンスでスタジアムの一体感をつくりたい」。サポーターと共に歩み、クラブ創設25周年の節目を声で盛り上げる。
(原口靖志)