仙台にとって後味の悪過ぎる幕切れだった。1-1の試合終了直前、自陣深くで奈良が相手と接触。このプレーが反則とされ、与えたPKを決められた。「あの判定はかなり不服」と辛島監督。リーグ戦2位と好調な相手に守備で粘っていただけに、微妙な判定が悔やまれる。
 途中までは狙いがはまった。浦和は流れるようなパスワークで崩しに掛かる攻撃が特長。守備の要の北原は「ボールをもたれる時間は長いと思ったので、みんなで我慢しようとした」。中盤と最終ラインの8人でブロックを組み、相手の攻勢を受け止めた。
 攻撃への素早い切り替えも機能。前半13分、北原がボールを奪うと前線の浜田にパスを出し、自らも前線へ。右サイドに流れた浜田の右クロスを頭で合わせ、2本のパスで先制ゴールを奪った。「良い状態でボールを奪えたので攻撃に出た。ハカ(浜田)なら良いクロスが出ると思っていた」と北原。好判断が光った。
 セットプレーで2点を失ったのは痛かったが、辛島監督は「完全に崩された場面はなかった」と評価する。粘り強い守備をベースに、先制の場面のような攻撃の質を高めるのが課題。磨きが掛かれば、悔しい判定も無駄ではない。(原口靖志)