仙台は負ければ1次リーグ敗退となる正念場。攻めの姿勢を保ち続け、試合終了直前の安本の決勝点につなげた。「一人一人が貪欲にゴールを狙っていた」と安本。主将が最後の最後で好機を手繰り寄せた。
 後半の45分も過ぎようとしていた。右CKを北原が頭で合わせようとし、相手守備のファウルでPKを獲得。ロスタイム1分の絶好機で、キッカーを担ったのは安本。「迷っちゃいけない」と右足で狙ったシュートはGKの逆を突き、ゴールネットを揺らした。
 後半に攻勢を仕掛けた。相手の足が止まったのを見逃さず、ワンタッチパスやロングパスなどで攻守の切り替えを速めた。ハイプレスでも効果的にボールを奪い、鋭いショートカウンターを仕掛けた。
 リーグカップでは3連敗から今季初の2連勝とV字回復。連敗中は攻撃パターンの少なさが課題だったが、攻撃の反復練習の成果が出てきた。「以前は重心が後ろにあったが、推進力が付いてきた」と辛島監督。特に3戦連続ゴールの安本には「ここ2、3試合で急にうまくなった」と目を細める。
 勝ち点差1で追う2位浦和との直接対決に持ち込んだ。「勝って準決勝に行きたい」と安本。今季の公式戦2戦2敗の難敵に、ようやく得た勢いで立ち向かう。(今愛理香)