札幌から移籍した中原にとって、ほろ苦い仙台での初戦となった。0-1の後半33分、ボランチで途中出場。最初のプレーで相手を倒していきなり警告を受け、期待された前線へ供給するパスもミスが目立った。「最低なプレー。何もできなかった」と反省の言葉が並んだ。
 練習ではボールさばきや相手を食い付かせるパスなど、チームの武器となりうる持ち味を発揮できている。「次に向けて切り替えるしかない」と雪辱を誓う。渡辺監督も「これからもトレーニングでいいものを見せてくれればピッチに立つ資格はある」と奮起を促した。