J1仙台は17日、新型コロナウイルスの感染拡大で中止していた報道陣の取材を一部解禁した。対面取材による接触を避け、無料通信アプリを通じて木山監督とDFシマオマテ主将が対応。チームはリーグ中断で非公開練習を続けている。木山監督は「(4月4日の湘南戦を目指す)再開に向け、しっかり整えていく」と意気込みを語った。

 練習終了後に取材に応じた。木山監督は選手の様子について「集中力を持って練習を続けている。いつ再開しても良い試合ができるよう、声を掛け合いながら充実して取り組めている」と評価。練習の狙いに関しては「攻守において連係を上げていくのに一番時間を割いている」と明かした。

 けがで離脱していた新加入のFWゲデスが練習に完全合流するなど明るい材料も出ているという。「少しずつピッチに立つ選手が増えている。いろんな組み合わせの中でたくさん練習できる時間があり、全員で戦術を共有できている」と意欲を見せた。

 休校中の子どもたちや再開を待ち望むサポーターには「世界中のみんながウイルスを早期に抑制できるよう頑張らないといけない。われわれも、多くの人に元気になってもらうために頑張りたい気持ちを持っている」と呼び掛けた。

 異例の取材方法については「人と人が触れ合って話せるのが一番良いが、今の状況なら仕方ない」と理解を求めた。