サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースは、7月19日にホームで行われる今季開幕戦で観客席に掲げるのぼり旗「恋のぼり」の協賛を募っている。新型コロナウイルスの感染予防で、リモートマッチ(無観客試合)となる開幕2試合など、スタンドに彩りを添え選手を後押しする。

 のぼりは高さ1.8メートル、幅60センチ。協賛金は1口3万円、2口以上の場合は各2万5千円。応募者の名前やニックネーム、15字以内の応援メッセージ、好きな選手の写真を印刷できる。のぼりの名称は好きな選手へ思いを届ける意味から名付けた。

 松島フットボールセンター(松島町)での新潟との開幕戦から設置する。GK斉藤彩佳選手は「一緒に戦ってくれるサポーターがいない無観客試合は、雰囲気が全然違うと思う。応援をのぼりに代えてパワーを届けてほしい」と呼び掛ける。

 申し込みは個人でも企業でも可。7月7日までに申し込めば、開幕戦から掲げられる。使用したのぼりは、ホーム最終戦の終了後に応援した選手のサイン入りでプレゼントする。

 連絡先はベガルタスポーツクラブ022(342)1130。