サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は26日、宮城県角田市陸上競技場で第12節のノジマステラ神奈川相模原戦に臨む。午後1時開始予定。今季7試合目のホーム戦で、次は11月1日まで空く。多くのサポーターの前で初の連勝を目指す。

 24日は仙台市のマイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場で調整。FW有町らがシュート練習やセットプレーの動きを確認した。

 仙台は2勝3分け5敗の勝ち点9で8位。前節は新潟を1-0で破り、4試合ぶりの白星となった。神奈川相模原は3勝2分け5敗の勝ち点11で7位。前節はC大阪堺に0-3で完敗し、ここ3戦で1分け2敗と元気がない。

 今季は第3節で対戦し、仙台が1-2で惜敗した。

 辛島監督は「前節は今までで一番いい守備だった。失点を防いだ上で、セットプレーでも何でも泥くさく点を取りに行く」と話す。