J1仙台は14日の横浜FC戦から、新型コロナウイルスの感染拡大予防のために講じているユアスタ仙台でのホーム試合の入場制限の上限を9500人に引き上げる。これまでの3400人から3倍近くに増える。
 制限の段階的な緩和でスタジアム収容人数(1万9694人)の50%までの入場が可能となり、観客同士の間隔をこれまでの1メートル以上から1席空けるだけに変更した。ビジター席は引き続き開放しない。ユアスタ仙台や公式ショップ「カーサベガルタ」でのチケット販売も再開する。