20日午前5時40分ごろ、山形市山寺のJR仙山線面白山高原-山寺駅間で、線路の管理システムが異常を検知し、安全確認のため、列車が一時運転を見合わせた。異常は認められず、約1時間45分後に運転を再開した。JR東日本仙台支社によると、この影響で仙台-山形間で上下2本が運休するなどして約2760人に影響が出た。