日本原燃は27日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場での臨界事故を想定した全社一斉訓練を実施した。法令に基づく年1回の訓練。
 社員や協力企業の従業員ら約700人が参加。再処理工場の前処理建屋で使用済み燃料を溶解中に臨界が発生し、対応中に震度6の地震が起き、全事業に影響が波及する想定で訓練に臨んだ。事務本館に全社対策本部を設け、再処理工場やウラン濃縮工場の対策本部とテレビ電話でつなぎ、事故対応への指示や連絡体制を再確認した。
 濃縮工場では、漏れ出した気体の六フッ化ウランが拡散するのを防ぐ放水作業を公開。濃縮事業部の渋谷昌孝濃縮計画部長は「訓練を繰り返し、安全確保の取り組みを続けたい」と話した。