山形県飯豊町は9日、50代の男性課長を停職6カ月の懲戒処分にした。課長は同日、退職願を提出し、受理された。町によると、課長は昨年9月18日昼ごろ、下着姿で町内の民家を訪れ、ドアをたたく迷惑行為をした。敷地内には課長の車が止めてあり、駆け付けた警察官の検査で基準を超えるアルコールが検出され、酒気帯び運転の疑いで今年1月25日に書類送検された。課長は昨年9月ごろから精神科に通院し、今年1月30日から病気休暇中だった。