2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場の一つとなる岩手県釜石市は15日、東京都内で記者会見し、市内に新設する「釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」のオープニングイベントを8月19日に開催すると発表した。
 トップチャレンジリーグの釜石シーウェイブスと、トップリーグのヤマハ発動機による記念試合を企画。人気グループEXILE(エグザイル)のメンバーと釜石東中の生徒によるダンス、歌手平原綾香さんのパフォーマンスもある。
 発表会にはヤマハ発動機の五郎丸歩選手、森喜朗日本ラグビーフットボール協会名誉会長、平原さんらが参加した。
 五郎丸選手は東日本大震災後の2011年6月、釜石市での交流試合でプレーしたことを振り返り「被災直後の大変な時期に大勢の人が大漁旗を振っていた。釜石のラグビーファンに恩返しできる試合にしたい」と語った。釜石シーウェイブスの桜庭吉彦ゼネラルマネジャーは「多くの人に思いが伝わるような試合にしたい」と意気込んだ。
 復興スタジアムはW杯12会場のうち唯一の新設。津波で甚大な被害に遭った鵜住居地区に建設中で7月末に完成予定。W杯期間中はスタンドに1万6000席(うち仮設1万)を確保する。野田武則市長は「被災地の代表、東北の代表として、本大会に向けて大いに盛り上げたい」と話した。