元青森県議で民進党青森県連の幹事長を務めた山内崇氏が10日、弘前市内での支援者との集会で、立憲民主党の青森県連を立ち上げる意思を明らかにした。7月末をめどに設立する方針。立民の地方組織は東北では宮城県に次いで2番目。
 山内氏は「本来あるべき政治の姿を取り戻すためには野党第1党が全国に旗を掲げることが必要」と県連設立に向けた決意を語った。県連には山内氏の他に、地元の市町村議員が数人加わる見通し。
 同席した立憲民主党の赤松広隆衆院副議長は、山内氏を国政選挙の候補者に位置づけることを明言。来年の参院選に関しては「野党連携を考えると、政党色の強くない人が望ましい」と述べ、山内氏に衆院選への出馬を要望した。
 終了後、山内氏は「7月末の設立に向け、スピード感を持って動く。設立後は野党間で意思疎通を図っていきたい」と話した。