仙台市のユアスタ仙台で7日に行われたJ1仙台-浦和戦の試合前、地元中学生がピッチで演奏を披露している最中に浦和サポーターが大声で応援を続ける一幕があった。仙台を運営するベガルタ仙台(仙台市)は浦和のクラブに抗議した。
 演奏を披露していたのは塩釜一中(塩釜市)の生徒たち。ユアスタ仙台には今季最多の1万8276人が来場。多くの浦和サポーターも集まっていた。仙台の担当者は、抗議した理由について「応援する時間帯に制限はないが、子どもたちが一生懸命演奏している時にかぶせるのはいかがなものか」と話した。