山形の汰木が後半17分から途中出場した。自身初の東北ダービー。両チームのサポーターで埋め尽くされたスタジアムに「すごい雰囲気で燃えた。相手サポーターも自分のドリブルで沸かせるぐらいの気持ちでグラウンドに入った」と振り返る。
 その言葉通り、ドリブルでみせた。2-3の後半36分には、自陣から巧みなボールさばきで次々と仙台の選手をかわし、ゴール前まで駆け上がった。だが、シュートは守備に阻まれ、同点ゴールにはならなかった。「ちょっと強引でも仕掛けてチームにリズムを与えたかった。あれで決められたら最高だったが…」と悔しがった。