二戸市を拠点に活躍した戦国武将九戸政実(1536~91年)のPR集団「九戸政実武将隊」が29日、JR二戸駅で帰省客を出迎えた。
 よろいや刀を身に着けた武将隊5人が、駅に降り立った親子連れなどに「お帰りなさい」と声を掛け、特製の缶バッジやパンフレットをプレゼント。ハイタッチをしたり、写真撮影をしたりしてもてなした。
 多賀城市から帰省した会社員成田美奈子さん(51)は「九戸城跡に行ったばかりだったので、武将隊に出迎えてもらえてうれしい。年末年始は母の手伝いをしながらゆっくりしたい」と語った。
 武将隊の杉浦香野さん(21)は「帰省をきっかけに、少しでも地元の歴史を知ってほしい」と話した。