秋田臨港署は3日、行政機関に送るはずだった事件事故に関する文書1通を、当事者本人に誤って郵送したと発表した。受け取った本人から2日に連絡があり、発覚した。同署によると文書には本人の住所などの個人情報が記載されており、署員がこれを行政機関の住所と勘違いしたという。署員が本人に直接謝罪、文書を回収した。