▽準々決勝
流通経大柏(千葉)1/1-0/0 秋田商
           0-0
▽得点者【流】八木

◎運動量生かせず

 【評】秋田商は相手の堅守を最後まで崩せなかった。豊富な運動量で攻め込んだが、長谷川が厳しくマークされるなどして好機をつくれず、放ったシュートは4本にとどまった。流通経大柏は前半6分、ロングスローから奪った先制点を守り切った。

<厚い相手守備、最後まで崩せず>
 8強に残った唯一の公立校、秋田商は流通経大柏の厚い守備にはね返され無得点に終わった。ワントップで走り続けた長谷川は「相手が一枚上手だった」と目を真っ赤に腫らして振り返った。
 前回大会まで秋田県勢は13大会連続初戦敗退だったが、豊富な運動量を生かして3勝し、存在感を示した。小林監督は「選手も自信を付けたと思う。他の秋田の高校と切磋琢磨(せっさたくま)して取り組みたい」と教え子の健闘をたたえた。