東北の法人約15万社のうち亥(い)年に設立されたのは9721社で、十二支の中で比率は最も少ない6.3%だったことが、東京商工リサーチの調査で分かった。最古は1911年に設立され、売上高はヨークベニマル(郡山市)がトップとなっている。

 設立年は2007年が3297社(33.9%)、1995年は2485社(25.5%)、1983年は1730社(17.7%)。年をさかのぼるにつれて少ない。

 最も古い1911年設立は林業の磐城造林(いわき市)、児童養護施設運営の仙台キリスト教育児院(仙台市)、ガス製造の山形ガス(山形市)、秋田信用金庫(秋田市)など6社あった。

 売上高はヨークベニマル(1947年設立)の4371億円に続き、アイリスオーヤマ(仙台市、1971年)の1420億円、コープ東北サンネット事業連合(同、1995年)の1185億円の順だった。

 業種はサービス業他が3027社で3割を占め、建設業の2066社、小売業の1363社が多かった。

 県別は宮城2560社、福島2251社、青森1359社、山形1325社、岩手1188社、秋田1038社。

 東京商工リサーチ東北支社は「ゆかりのある亥年を成長につなげる一年にしてほしい」としている。