青森県八戸市の長根公園の屋外スケートリンクで2日、60代女性が転倒して死亡する事故があったことが8日、分かった。
 市スポーツ振興課によると、女性は2日午後1時10分ごろ、リンクで転倒して後頭部を打ち、医務室に運ばれた。当初は意識があったが、しばらくして不調を訴え、搬送先の病院で死亡した。
 事故当時、リンクに約300人の利用客がいて、施設指定管理者の職員1人が氷上で、数人が周辺で監視していた。女性らは「子どもとぶつかって転んだ」と話したが、職員は直接見ていなかったという。
 同課は「管理上の問題はなかった」と説明。帽子やヘルメット着用を促す張り紙の枚数や注意を呼び掛ける放送回数を増やすといった対応をしている。