サッカーJ1仙台の選手らが11日、仙台市青葉区の大崎八幡宮を訪れ、新シーズンの必勝を祈願した。

 日本代表でアジア・カップに出場中のシュミット・ダニエル選手らを除く選手24人と渡辺晋監督ら計72人が参拝。「必勝」と書かれた大きな絵馬にサインし、神事に臨んだ。

 渡辺監督は絵馬に、今季のスローガンで変革を意味する「ReVolution(レボリューション)」と、「タイトル獲得」と書き、「変化を恐れず進んだ先に結果がある。小さな事から変え、つかみ取る結果を変えていく」と語った。

 4月に24歳を迎える年男のジャーメイン良選手は「試合に出続けてゴールを決め、チームの躍進につなげたい」と話した。

 チームは14日から、沖縄県糸満市で1次キャンプを行う。