サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースは11日、日テレから日本女子代表「なでしこジャパン」のMF隅田凜(23)=159センチ、52キロ=、浦和から22歳のFW白木星(あかり)=169センチ、61キロ=をともに完全移籍で獲得したと発表した。
 隅田は左右両足から出せる精度の高いスルーパスが持ち味のボランチ。神奈川県出身で下部組織から日テレでプレーし、昨季はリーグ戦14試合に出場して2得点した。日本代表としてジャカルタ・アジア大会の優勝にも貢献した。
 白木は高さを生かした得点力とスピードに乗ったドリブルが持ち味。北海道出身で宮城・常盤木学園高から2015年浦和に加入。4年間でリーグ戦52試合に出場して1得点。昨季はリーグ戦10試合出場無得点、リーグカップでは6試合出場で4得点と活躍した。
 クラブを通じ、隅田は「チームのために全力で戦いたい」、白木は「新たな環境で挑戦し、優勝に貢献できるよう頑張る」とそれぞれコメントした。