山形市の神社「鳥海月山両所宮(りょうしょぐう)」で3日、節分祭の豆まきがあった。市内外から約1300人が訪れ、災厄がなく、幸せな一年を祈った。
 拝殿で神事と厄よけ祈願を行った後、境内の特設舞台から「鬼は外」「福は内」という掛け声とともに豆袋が投げられた。大人も子どもも手を伸ばして豆袋を取り合った。
 用意した4500の豆袋のうち、2000袋には野菜や日用品といった景品とその場で交換できる券が入っていて、境内のあちこちで幸運をつかんだ人たちの歓声が上がった。