コメダホールディングスが6月に喫茶店「コメダ珈琲店」を青森県に出店することが5日、分かった。全47都道府県への展開が完了する。今後もフランチャイズチェーン(FC)店を中心に出店を増やしていく方針だ。
 新たに出店するのは「コメダ珈琲店 青森イトーヨーカドー店」(仮称)。JR青森駅から車で約15分のイトーヨーカドー青森店にテナントとして入る。周辺には大型商業施設なども多く、集客が見込めると判断したとみられる。席数など詳細は未定という。
 コメダは1968年に名古屋市で創業し、1号店を出店。コーヒーとトーストなどをセットにした「モーニング」で知られる。積極的な新規出店を続け、全国に800店超を展開する。昨年8月に沖縄県糸満市に出店し、青森県が「空白地」として残っていた。