盛岡市の指定保護庭園「一ノ倉邸」で、江戸期から平成まで、それぞれの時代のひな人形を一堂に集めた展示会が開かれている。享保年間のぜいを尽くした段飾り、藩制時代後期に粘土を素焼きして色を付けた花巻人形など約200体を並べた。3月3日まで。
 和室が少なくなった現代家屋向けにグランドピアノや机の上を活用した飾り方を提案。岩手県矢巾町の主婦斉藤悦子さん(80)は「展示の仕方が美しく、おひなさまもうれしそうに見える」とほほ笑んだ。
 入場無料。午前10時~午後3時。月、火曜休館。連絡先は一ノ倉邸019(646)1817。