東北地方は9日、寒波の影響で北部や山間部を中心に厳しい冷え込みとなった。盛岡市の高松の池は大半が氷結し、ハクチョウやカモがわずかに残った水面で羽を休めていた。
 仙台管区気象台によると、161ある観測地点のうち119地点で、日中の最高気温が0度を下回る真冬日となった。
 各地の最低気温は、十和田氷点下15.0度、盛岡市藪川同14.9度、青森市酸ケ湯同14.3度、青森県東通村小田野沢同13.5度など。寒気が停滞し、数日間は低温が続くとみられる。