仙北市西木町の上桧木内(かみひのきない)地区で10日夜、小正月行事の「紙風船上げ」が行われた。武者絵や美人画を描いた和紙で作った色鮮やかな紙風船約100個が、雪の降る冬の夜空に舞い上がった。
 紙風船は、地元住民らが約2カ月かけて完成させた。最も大きなものは高さ11メートルに及ぶ。ガスバーナーの熱気で円筒形に膨らませ、石油を染み込ませた下部の布玉に点火すると、淡い光に包まれて浮き上がる。
 秋田県内外から集まった1万人以上の見物客は、夜空に紙風船が浮かんでいく幻想的な風景を楽しんだ。
 紙風船上げは100年以上前から五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を願って催されている。