バスケットボール男子、B2仙台は16、17日、天童市の山形県総合運動公園アリーナで、東地区5位の山形と対戦する。15日は仙台市太白区のHALEOドームで約2時間、守備の連係を中心に練習した。
 仙台は前節、福島に2連勝して連敗を止めたが、プレーオフ進出が厳しい状況は変わっていない。
 山形は、クリークモアが2月末に復帰。206センチの攻撃力を生かすため、インサイドを起点とする攻めが増えている。桶谷監督は「ゴール下をチームでしっかり守り、展開の速さで主導権を握りたい」と話した。