青森県立中央病院(青森市)で2017年10月、下北地方の70代男性が気胸となり容体が急激に悪化して死亡したのは医師が医療器具の使用を誤ったからだとして、男性の長男が8日までに、病院の医師2人と県に1200万円の損害賠償を求める訴えを青森地裁に起こした。
 訴状によると、男性は肺の細胞が硬化する「特発性肺線維症」が悪化した疑いで17年9月に入院。数日後にたんが絡んだため気管切開を受けた際、たんを吸引するチューブを挿入するためのガイドワイヤが右肺に当たり、気胸となった。男性は容体が急変して約10日後に死亡した。
 遺族側は、ワイヤによる処置に当たった初期研修医と指導医が、器具使用時の注意事項を守らなかったため死亡したと主張している。
 同病院は「患者の冥福を祈るとともにご家族には心よりお悔やみ申し上げる。訴えの内容はわれわれの認識と異なると考えている」としている。