安倍晋三首相は11日、東日本大震災の復興より自民党議員が大事との失言で更迭した桜田義孝前五輪相の後任に、鈴木俊一衆院議員(65)=岩手2区=を起用すると表明した。

 再登板となった鈴木俊一五輪相は11日夜、記者会見し「(退任から)6カ月のブランクがある。新任のつもりで丁寧に仕事に臨み、信頼回復と真の復興五輪の実現のため力を尽くしたい」と決意を語った。
 東日本大震災の復興より同僚議員が大事との桜田義孝前五輪相の発言に対しては「震災そのものへの認識が薄かったのではないか。大変不適切で、被災地や被災者への配慮を欠いていた」と批判した。
 鈴木氏は岩手、宮城、福島3県の知事に電話で謝罪したことを明らかにし「励ましの声を頂いた。いずれ被災地を訪れ、挽回したい」と強調した。
 復興五輪に関しては、各国代表選手と地域住民の交流を進めるホストタウンに触れ「被災した沿岸部で登録自治体が増えた。被災地の食材の積極活用や聖火リレーなどを通じ、被災地と五輪の距離を縮めたい」と意欲を示した。