平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇した仙台市出身の羽生結弦選手(24)=ANA、東北高出=のファンが集う登米市のそば店「手打ちそば ゆづるの里」が開業2年を迎えた。地区住民らが運営を担い、地域の活性化に一役買っている。
 店は2017年4月、同市中田町浅水地区にオープン。店名は羽生選手の祖父、故羽生利(とし)衛(え)さんの生家が浅水地区にあることにちなむ。店内の至る所に羽生選手の写真や新聞記事の切り抜きが張られている。
 羽生選手のルーツに触れようと、東京や名古屋から若い女性らがタクシーを使って訪れることも度々あるという。