仙台市八木山動物公園は17日、今年3月に広島から来園したライオンの雄「サン」、秋田から来た雌「なお」の一般公開を始めた。昨年9月に雌のオニールが18歳で死んで以来、動物公園はライオン不在だったが、8カ月ぶりに「百獣の王」が復活した。
 サンは面長でりりしい顔立ち、なおは目が丸くて大きい。共に生後8カ月で人間に例えると10代前半の子ども。成長は順調で、仲良くじゃれ合っている。
 サンは3月15日に広島市安佐動物公園から、なおは同月25日に秋田市大森山動物園から、それぞれ来園した。当面は2頭の公開を午前9~10時に限り、様子を見ながら徐々に時間を拡大する。