4月の青森県議選三戸郡選挙区を巡り、公選法違反(被買収など)の疑いで議員3人が逮捕された三戸町議会6月定例会が11日、開会した。同法違反(現金買収など)の疑いで逮捕された県議沢田恵容疑者(61)陣営の不正行為に多数の町議が関与した疑いがあるとして県警の捜査が続いており、閉会日の12日に自主解散の動議が出る可能性もある。
 町議会は定数14(欠員2)で、11日は10人が出席した。本会議では、沢田容疑者の県議選立候補で空席となった議長に沢田道憲氏を選出。一般質問で「一連の事件について述べたい」と発言した大向信市氏を、沢田議長が「事前通告にない」と止める場面もあった。
 逮捕された後、処分保留で釈放された議員1人も姿を見せたが、報道陣の問い掛けに答えず議場を後にした。自主解散について沢田議長は「どうこう言いかねるが、一つの選択肢としてはあると思う」と話した。
 傍聴した町内の男性(74)は「物足りない。議員から(警察に)何回呼ばれているとか聞きたかった。(詳細を)知らない住民がたくさんいる」と話した。