山形県東根市さくらんぼ駅前3丁目のマンションで住人の眼科医矢口智恵美さん(50)が殺害されているのが見つかった事件で、村山署捜査本部は12日、殺人と住居侵入の疑いで、山形市東原町1丁目、山形大4年加藤紘貴容疑者(23)を逮捕した。
 逮捕容疑は5月19日早朝、矢口さん宅に侵入し、矢口さんの頭を鈍器で殴り、殺害した疑い。
 県警によると、矢口さんの死因は頭を強打されたことによる頭蓋内損傷。頭の骨が陥没するほど何度も殴打されていたことから、県警は容疑者が強い殺意を持って矢口さんを襲ったとみて調べていた。
 室内からは血の付いたゴルフクラブのパターも見つかっており、凶器となった可能性があるという。