東北の起業家らでつくる団体「EO North Japan(イーオー・ノース・ジャパン)」が、仙台市内で8月から開く起業家育成塾の受講生を募集している。悩みの分かち合いにも力を入れ、飛躍を期す起業家らのレベルアップをサポートする。

 EOは年商1億円を超える起業家らのネットワークで会員は世界58カ国に1万4000人。ノースジャパンは2015年7月に設立され、34人が活動する。

 塾は年商1億円超えを目指す起業家を対象に、青葉区のエンスペースで8~12月の計10日間開く。資金調達など実践的な企業経営のノウハウを学ぶほか、孤独に陥りやすい経営者同士が悩みや経験を共有する場を設ける。講師はEO会員が務める。

 昨年まで3回開催した内容を拡充。担当の西坂勇人理事は「起業家同士だから分かり合える部分がある。東北は志のある起業家が多い。行政などと連携し成長を支援したい」と話す。

 定員は7、8人。面接を経て決定する。受講料10万円。受講希望者はウェブサイトから申し込む。締め切りは29日。連絡先はメールinfo@eotohoku.org