オフィスビル仲介の三鬼商事仙台支店がまとめた6月の仙台市のオフィスビルの空き室率は、前月比0.23ポイント低下の4.18%と5カ月連続で下がり、1992年の調査開始以来の最低を更新した。コールセンターの大型成約があったことが要因。
 地区別では、仙台駅東が0.82ポイント低下の6.67%。駅東口の大型ビルにITサポート業「キューアンドエー」(Q&A、東京)のコールセンターの分室が入った。駅前は人材派遣や教育関連の支店開設が影響し、0.19ポイント低下の2.54%で、過去最低を3カ月連続で更新した。
 一番町周辺は同じビル内での増床があり、0.11ポイント低下の3.13%、県庁市役所周辺は大きな動きはなく、0.02ポイント上昇の6.72%。周辺オフィスは0.19ポイント低下の8.11%。
 同支店の担当者は「広い空き室が少なく、別ビルに分室を設けるケースもある。新規のビルが供給されれば、分室をまとめる動きが予想される」と話した。調査対象は延べ床面積が約990平方メートル以上の349棟。